バックカメラ入替 詳細

①バックカメラ不良診断

外観上のカメラの確認とナビ本体の
確認から外観上で異常が見受けられるか
チェックをします。
         ⇒

②カメラ接続端子確認

外観からは明らかな異常は発見されず
ナビ本体について確認を進めていきます。
この車の場合にカメラ配線が接続されておらず。
         ⇒

③カメラ側配線確認

写真にあるカプラーがカメラから来ている
ナビ接続用カプラーですが色も計上もナビ
接続カプラー位置と合いません。

④ナビ適合カメラ取付

これまでの確認から方法は大きく2つ。カメラに
合わせたナビにするかナビに合わせたカメラを
入れるか。後者がコスト的に抑えられますね。
       ⇒

⑤配線取り回し入れ替え

今回は既にカメラの整線が終わっている車輌に
新たにカメラを整線していくので既存のルートを
確認していき取り回す為の確認があります。
           ⇒

⑥カメラ取り外し

取付完了後には再度スキャンツールで
異常を拾っていないか確認を進めていきます。
この時点で不具合が出たらえらい事ですが。。。

⑦配線入れ替え経路確認

写真に写る緑のカプラーがカメラからナビへ
向かう途中車内で接続する構造になっています。
             
          ⇒

⑧配線取り外し

画面中央になる加工穴の中を通して⑥と⑦
どちらかを通過させてカメラを外します。
緑のカプラーも絶対に通りませんね・・・
        ⇒

⑨配線引き回し経路確認

外して行きながら分かりましたがこれは緑の
カプラーを配線通してから噛み込む後付け
タイプです。ディーラーオプションですね。

⑩カメラ整線

バックカメラ側から新にナビに向かい
整線をしていきます。途中経路で折れる
事が内容に接続端子の位置など確認しています。
          ⇒

⑪配線通し

バックドアトリム内部の整線です。
狭い経路で他のケーブルと干渉しない様に
開け閉めで外れないように留めていきます。
         ⇒

⑫配線引き込み

ボディとバックドアの途中を蛇腹の
ケーブルカバーの中に入れて通して
行くことで雨対策にも繋がります。

⑬バックカメラ仮置き

バックカメラの位置を仮決めして撮影範囲の
確認をします。この時点で位置合わせしないと
エクステリアが付けられません。
          ⇒

⑭バックカメラ映像確認

仮決めしたカメラの映像をこの時点で
確認して調整をしていきます。問題が
無ければ組付けを始めます。
        ⇒

⑮映像切り替え

ここで問題が無ければ映像をミラーと
同じ鏡像に変えてより見易い設定にします。

⑯取付確認

エクステリアを組付けて位置が
問題ないのかチェックをしていきます。

       ⇒

⑰外観取付完了

バックドアを閉めた状態で何か見えている
パーツなど問題点がないのか最終確認をします。

施工内容

年式・車種名・距離
具体的説明

施工内容