ATF交換 詳細

①車輌状態確認

車輌を走行させてミッションに
現時点で大きな異常がないか確認を
してから実作業に入ります。
         ⇒

②ATF選択

適合しているフルードを確認して在庫から
お客様のご予算と相談して選択していきます。
今回はワコーズプレミアムSです。
         ⇒

③アンダーカバー外し

先ずは下廻りから作業を行う為に
アンダーカバーを取り外して行きます。

④ミッションオイルパン確認

アンダーカバーを外して今回の作業のメイン
ATFを交換する為にフルードを貯めている
オイルパンを外して清掃します。
           ⇒

⑤オイルパンフルード抜き

オイルパン清掃する為に最初に内部に
入っているフルードを抜き取ります。
車種によりオイルパン内の量は違います。
           ⇒

⑥フルード汚れ確認

交換作業終了後に新油との違いを
確認して貰う為に最初の廃油をボトルに
入れて保管しておきます。

⑦使用済みフルード透明度確認

参考までにボトルに入れた廃油ですが
太陽光の下で覗いた時の透明度です。
新油はこの状態で底まで見えています。             
          ⇒

⑧オイルパン脱着

オイルパンからフルードをある程度抜いて
オイルパンを外して行きます。この際にまだ
オイルパン内部に残っているので慎重に外します。
        ⇒

⑨オイルパン外し後確認

オイルパンを外した内側を確認します。
丸いマグネットが2つ見えますがここにも
鉄粉が付いており内部はドロっとしています。

⑩マグネット清掃

ウエスにマグネットが3つ見えますが最初に
置いた場所から移して汚れが残る状態なので
本当は2つです。それだけ汚れています。
          ⇒

⑪オイルパン清掃

オイルパン内部もパーツクリーナー
使いながらふき取り内部に残る鉄粉や
劣化したフルードを残らず清掃します。
         ⇒

⑫オイルパン清掃後

オイルパン清掃後です。
マグネットも新品同様に綺麗になり
ガスケットを新品に替えるので万全です。

⑬バルブボディー清掃

画像中央に見えるストレーナーは
この車輌の場合は交換部品として出ない為に
今回は清掃のみで戻します。
          ⇒

⑭オイルパン清掃完了組付け

オイルパン清掃が完了した後に
バルブボディーも拭き取り清掃をして
オイルパンを組付けて完了しました。
         ⇒

⑮クーラーライン接続準備

オイルパンを清掃から廃油として抜いた分を
補充してからATF交換する為にフルードが
通るラインにトルコン太郎を接続します。

⑯圧送交換開始

最初にオイルパンから抜いた分を
補充して規定量を入れてから圧送交換して
トルコン太郎が廻っている状態です。

       ⇒

⑰クリーナーモード開始

圧送交換にて入れ終わったフルードを
クリーナーモードで洗浄しています。
右隣のボトルは最初に抜いた廃油です。

          ⇒

⑱クリーナーモード比較

廃油ボトルの透明度と比べると現在の
フルードは明るいですが中のフィルターまで
明確に確認が出来ていない状態です。

⑲クリーナーモード終了時

クリーナーモード終了間近です。
左側のレンズ内部フィルターが明らかに
先ほどより明瞭に見える様になりました。
        
         ⇒

⑳アンダーカバー組付

一連の作業が終わり今回のご希望の回数で
圧送交換も透明度が見えてきました。
回数を増やすと効果も上がりますが費用面
考えて今回はここで終了です。
         ⇒

㉑作業完了後車輌確認

今回のお車の以前の履歴は不明ですが走行距離に
対してそこまで酷く汚れてはいませんでしたので
今後は定期交換すれば安心してお乗り頂けます。

㉒テスト走行

車輌のチェックをする最後はテスト走行
して異常が無ければお客様にお引き渡しをして
走行をしてご確認をして頂き終了です。

        ⇒

㉓ATF交換について

当社では従来の循環式ATF交換では
敬遠されてきた走行距離が増えてからの
交換でもご対応可能か確認をして施工を
しています。トルコン太郎対応ミッションか
あるいはアダプターが必要な場合はその都度
ご相談をしてご案内を致しますのでお車の
挙動に今までと違いを感じたらお早めに!

施工内容

年式・車種名・距離
具体的説明

施工内容